フィンランドが好きな建築学生のブログ

「学校では教えてくれない」ことを発信する建築学生のための応援ブログ。トビタテ留学、大学紹介、サイト紹介など

7人の侍

今回は、7人の侍を見ました。

 

鑑賞前

黒澤明監督のこの作品は、名前は聞いたことあるな〜って感じでしたが

世界中の映画史の中でも10位以内にランクインする

とても優れた映画であることは知りませんでした。

 

最近黒澤明監督のデルスウザーラを見ました。

そこでは、自然との共存や尊敬する生き方を忘れてはいけないというメッセージがこもった映画でした。

 

鑑賞中

そこで出てきた言葉を書いていきます。

 

人を守ってこそ自分を守れる。

己のことしか守らない奴は、己を滅ぼすもの。

 

「今回は負け戦だった。

勝ったのは、侍ではなく百姓たちだ。」

 

「また生き残ってしまった。」

 

百姓育ちの侍は同じ境遇の子供を強く抱きしめる。

この言葉は、最後まで見ると納得しました。

 

また、武士と商人、百姓のヒエラルキー

百姓の険しい表情からヒシヒシと伝わってきました。

 

しかし、時にはいろんな武士がいて勇敢な武士や

出世にならないと戦はしない主義に武士や個人を磨くために

生きる武士など武士によってもそれぞれの生き方が違うこともわかりました。

 

また、百姓と武士がどんどん時間が経つにつれて仲が深まり

最終的には酒や食べ物が振る舞われ、

日本人らしさを感じました。

 

百姓がここまで身分が低かったのか、

武士がどれだけ恵まれていたのかを

強く描いていました。

 

この時代の百姓の苦楽を描いており、

人に見せかけたカカシやぬかるみを利用して攻めにくくしたり

地の利をいかす守りには驚かされました。

 

今回の映画は、

侍が百姓のために侍と戦い、百姓が結局勝つという

ある意味身分の逆転のようなものが起きているのが伝わりました。

 

鑑賞後

 

墓が4つ並んでいたり、7人の侍を集めたり

数字が気になるまま映画は終わりました。

この数字の意味は、なんなのか?

なぜ、そもそもラッキーセブン?昔の国の何か?

好きな人と好きな場所で好きなことをするの解釈

好きな人と好きな場所で好きなことをする

これは、

以下のようにも言えると思います。

 

好きな人は、心の拠り所になる人であり、

好きな場所は、自分の居場所。

 

好きなこととは、遊ぶだけではなく

地球における自分の使命を全うするとも言えると思います。

シンプルに考える

人と話す時に、

僕は、伝えることが苦手です。

 

そのため、僕はブログを書いて

自分の思考を整理してシンプルに伝える練習をしています😅

 

それでも、やはり会話で意識するのは

シンプルに考えることだなぁと改めて感じます。

 

複雑だったり話が伝わらない時こそ

シンプルに考えることが大切。

 

デザインも同じだと思います。

 

コンセプトは、何か?

説明はシンプルに

 

展示会もテーマは、

世界最古の建築の定義である「強用美」を

あらためて僕なりに再解釈したものを

展示できたらいいなと思います。

フィンランドの木の使い道事情

フィンランドでは、

林業が盛んで建築分野でも木材は主流です。

 

そんな中、フィンランドの木の使い道事情をまとめました。

 

バイオエコノミー

 

まず、サスティナブルな循環がふかけつなため

バイオエコノミーという考え方に基づいて

森と資源は循環しています。

 

製材所では、製材する時の動力熱と電気エネルギーとして発電している。

 

この例として、クフモという地域がある。

そこは、製材所を心臓部として

地域のエネルギーを全て支えている。

 

いらない木材を使い発電したり、

隣接したログやエレメントの工場と繋がり

残らず木を使うシステムがある。

 

また、森から木を収穫する際に

木にそれぞれIDがつけられ木が一斉に機械で管理される仕組みになっている。

 

ポンセという収穫期のメーカーのタイヤは繊細で木を痛めず森を走行可能。

フィンランドの芸術村フィスカルス

芸術村のクリスマスイベント

 

今日は、フィンランドの西部フィスカルス村に来ました。

 

f:id:gogo_abroad:20221127005841j:image

駐車場から見えるフィスカルス村の文字

 

フィスカルス村でのクリスマスマーケット

まず、フィスカルスとはアウトドアブランドで世界的に有名な「フィスカルス」の本拠地です。

 

ヘルシンキからクリスマスシーズン限定のバスがヘルシンキ現代美術館から土曜日に出ています。

https://fiskarsvillage.fi/en/event/christmas-in-fiskars-village/

 

朝10時30分、ヘルシンキ現代美術館から

バスで1時間30分で来れました。

 

そして、到着後

村のミュージアムを目指し歩いていきます。

 

f:id:gogo_abroad:20221127010934j:image

ミュージアムの入り口

 

入り口を開けると、

f:id:gogo_abroad:20221127011100p:image

we wish you a merry christmasの音楽が聞こえてきて快く中を案内してくれました。

 

レターとジンジャークッキー作り

 

f:id:gogo_abroad:20221127011455j:image

まずは、ミュージアムにあるレターワークショップに参加しました。

 

手紙は、烏口インクを使いました。

初めて使うペンはなかなか慣れなかったですが、徐々に慣れてきました。

 

f:id:gogo_abroad:20221127011921j:image

 

次に、ジンジャーブレッドの体験と試食をしました。

f:id:gogo_abroad:20221127015938j:image

 

そこで作り方を教えてくれたおばあさんは、、「毎年春と秋の2回に分けて

川の水が来るから、

そのタイミングに合わせてパンを焼いていたのよ」と教えてくれました。

 

そして、何百年前のパンが未だにあり、

保存食として何日も干され、水やミルクと共に食べるそう。

ちなみに、そのパンは味は保証しないけど

今でも食べれるそう。

 

フィンランドが誇る伝統工芸品

パン工房を後にし、

1回がギャラリーやショップになっており、

日本2階に職人が住みながら、営むお店が並ぶ通りにきました。

 

そこには、

カザフスタンの在日本大使館で働いていた11年間の人がいました。

 

 

その女性の方は、

カザフスタン人で、

何かしらの理由でフィンランドに渡り、

ユヴァスキラにいて、

この村には今年の6月から来たそう。

 

日本語で普通に会話が進み素敵な絵を描かれていました。

f:id:gogo_abroad:20221127020249j:image

 

また、ヒンメリのショップでは、

「ヒンメリのハーモニー」という本を購入。

また、店員さんからは

ヘルシンキにあるlokalというギャラリーで

でヒンメリの展示会をしてるとの情報もいただきました。

 

ヒンメリは、

幾何学的な形をしています。

正八面体が基本系です。

 

黄金比を使い建築を考えていくと

自然の形からヒントが得られると考えました。

f:id:gogo_abroad:20221127021034j:image

 

 

あとヘルシンキにあるjewelという宝石店でもコラボ展示をしているそう。

 

また、ガラス工房では

熱いガラスを形成する瞬間に

中に空気を入れることで泡が閉じ込められる手法を知りました。

f:id:gogo_abroad:20221127021200j:image

 

中は、撮影禁止でしたので

デザインミュージアムに展示されていたものを載せます。

 

冬も素敵な村

夏に事務所のボスときましたが

冬は冬で美しい情景が広がっていました。

f:id:gogo_abroad:20221127021622j:image

 

f:id:gogo_abroad:20221127021342j:image

 

 

夜イルミネーションがついて静かな雰囲気だけどとても好きです。

 

 

最後に、ホームページを載せておきます。

素敵なクリスマスイベントでした🎄

https://fiskarsvillage.fi/en/event/christmas-in-fiskars-village/

 

この素敵なひとときを

TwitterでもFacebookでも Instagramでも

シェアしていただけると幸いです。

日本の国産材の未来

林業従事者の減少や移動コストの高騰が原因

 

山の手入れも所有者に収益が少ないため、積極的に管理が行き届いていない。

 

しかし、フィンランドはどうだろうか?

フィンランドは、国として林業が産業として残っている。

 

ウッドショックにより外国産も国産も価格が高騰していた。

Kubrick: 2001: A Space Odyssey

2001:A Space Odyssey(1968)という映画を見ました。

 

2001:A Space Odyssey(1968)は、

コンピューターが自分の感情を持つことや

影技法の高さが窺えます。

 

SFの中でも、

CGを使わずにここまでの表現ができることが

素晴らしいです。

 

また、音楽も多様でクラシックで

感情がさらに昂ります。

 

宇宙の探索が未知であり、

機械をも信じることができないことを

この時代から既に予測していたのかもしれません。

 

猿から最新の機械まで、

実に人類の文明を辿るストーリーでした。

 

人から機械に移り変わろうとする警告があったのかもしれません。

 

 

それと同時に、

キューブリックという人物について少し調べました。

 

そうすると、

シャイニングや時計じかけのオレンジなどの名作を手がけていることに気がつきました。

 

小説に基づくストーリーとダークコメディが特徴的で、

矛盾しているものを好み、見えないけど重要なものを映画で描こうとしているように

思えました。

 

彼のキャリアは、

写真家から始まり

初期の頃は彼の叔父や家族などからの資金で映画を作っていたそう。

 

タランティーノにも影響を与えたそう。

ハリウッド史上最年少で、叙事詩を撮影した監督になったそう。

叙事詩とは、歴史的な出来事などを表したもの。

 

1965-1971には、時計じかけのオレンジや2001:A Space Odysseyを手がけた。

NASAの宇宙船を見学したそう。

 

彼は、セルゲン・エンゼンシュテインの映画に魅了されたそう。

ポチョムキンでも知られるソ連の映画など。

 

こう考えると、

SFもエイリアンが登場しなくてもここまで宇宙空間を構成できることに

驚きを隠せなかった。

世界一周旅行 アムステルダム編

アムステルダムにきました。

 

名前

由来は、アムステル川のダムができたから。

ちなみに、ロッテルダムなどもダムが

同じ地名の都市もあります。

 

都市
旧市街地は、13世紀

16世紀に人口増加のため拡大しました。

そして、

現在拡大を繰り返して今の形に至ります。

 

f:id:gogo_abroad:20221122034518j:image

 


建物

間口が3-5mくらいで

破風に滑車がついています。

これは、引っ越しをするときに

家具を運ぶために窓から

搬入するためです。


採光率の法規が厳しく、

全面ガラス張りになることが多いそう。

 

なお、

開口は下階の採光が取れにくいから

窓が上よりも大きく計画されている。

 

また、地盤改良のための

杭が一つの建築に2m間隔でうたれた。

1本400kgだそう。

 

なお、杭の素材には

松が使われていて酸素に

触れないようにうめられている。

 

川沿いには木が等間隔で置かれており、

約15mくらいの間隔。

 

また、運河上の家は

ファサードの広さに比例して税金が

かかっていたそう。

 

なので、それをできるだけ

安くするよう間口を狭く設計したそう。

 

 

f:id:gogo_abroad:20221122042203p:image

 

そして、建物は川に向かって

少し前に傾いているんです。

 

これは、荷物を滑車を

使い入れる時に

入れやすくするためだそう。


ここでふと、

疑問が湧きました。

 

疑問①

なぜ日本の都市は、

このように美しい街並みを

残せなかったのか

 

→東京や横浜は火災と地震

あったからなのは木造が

ほとんどであったためだと

思い出しました。

 

②河川工事を建築家が行ったら、

違った計画になるのでは?

なぜあまり主流で土木工事を

やっていないのか?

また、水害対策の工事を

建築家が担当することはないのか?

 

アムステルダムの地区は、

建築家が主流で都市計画や建築を

構想しました。

 

③なぜ16世紀に都市が拡大したの?

それは、16世紀カトリック以外は弾圧されたため

 

信教の自由が認められたアムステルダムは、

亡命者を救う街だったそう。

 

 

ウィーン分離派の展示

次に、アムステルダムのアート複合施設

「Fabrique des Lumières」でウィーン分離派の展示会がありました。

 

ウィーン分離派 とは、1897年4月3日にウィーンで画家グスタフ・クリムトを中心に結成された新進芸術家のグループをいいます。

正式名称は、オーストリア造形芸術家協会。

 

なお、

「分離派」とは、19世紀の歴史絵画や伝統芸術からの分離をめざしたドイツ語圏の芸術家

の動きです。

 

彼の絵画は、彼の建築と同様に、

自然と人間への完全な敬意が表れています。

彼の作品はどれも原色に近いような色を使っています。

 

また、画法としては遠近法を放棄して一連 の 平面と捉えています。

彼は直線よりも生き生きした線を好 み、

不規則な形をしています。

 

彼にとっては、自然がモデルです。

f:id:gogo_abroad:20221122040332j:image

 

大阪に彼の作品がありますが

こちらも同じように派手な建築です。

 

ファサードには、赤いラインがあり

これは火を表しているそう。

 

f:id:gogo_abroad:20221122040858p:image

 

次にクリムトです。

クリムトは金と装飾を好んで使い、

芸術の再生を試みました。

 

f:id:gogo_abroad:20221122040702p:image

どの時代も新しいものや

再生をしようとする人たちの

存在が確かに存在することがわかりました。

 

建築様式も多様ですが

まだ分類されていないものの方が

多いと思います。

 

→デザインするときに現在の

確立された建築様式の引用も

セオリーとしてありますが

 

新しいものを生み出すなら

そもそもまだ見つかってないところから

探すのがいいのではないかと思いました。

 

例えば、また名前としては

確立されてないもの

トマソン建築のようなもの

→映画やアートに出てくる未来都市など

→メードイントーキョーなど

 

とにかくたくさん想像が膨らんだ旅行でした。

世界一周旅行 アメリカ編②

ピッツバーグ

 

Pittsburghという都市に移動しました。


Pittsburghといえば、鉄鋼業で栄えた地域。

アンドリュー・カーネギーの街です。


巨大な鉄工所の建物がいくつもありました。

f:id:gogo_abroad:20221120085313j:image

ピッツバーグの夜景


f:id:gogo_abroad:20221120085317j:image

ボタニカルガーデン


f:id:gogo_abroad:20221120085310j:image

ピッツバーグ大学

 

f:id:gogo_abroad:20221120085526j:image

 

落水荘へ 

サヴォア邸、バルセロナパビリオン

と続き、ついにモダニズム建築3大聖地制覇しました。

 


f:id:gogo_abroad:20221120085518j:image

また、ライトの建築は、天井が低いと聞いていたので実際に実測をしてみた。

 

壁のラインは、視線操作で庭へ目を向ける役割がある。


この間隔も各住宅で異なり、それぞれの天井高で異なる。


色の使い方も

自然に溶け込む色で

大部分を占める壁、床、天井、屋根は薄い色が使われていた。


f:id:gogo_abroad:20221120085511j:image

 

ルイスカーンの聖地


f:id:gogo_abroad:20221120085522j:image

ルイスカーンのフィッシャー邸

 

緑に馴染んでいるファサード

 

ルイスカーン建築を7つほど周りました。

斜面に立ちながら正面は一階建てですが

正面から回り込んだ反対側は2階建てになっているのが印象的でした。

f:id:gogo_abroad:20221120085947j:image
f:id:gogo_abroad:20221120085943j:image

カーンの建築は、森の中に溶け込んでいて静かな場所にシンプルかつ自然に溶け込む建築でした。

 

吉村順三MOMAで展示した日本建築

 

f:id:gogo_abroad:20221120085507j:image

こちらは、吉村順三MOMAの際に設計した

松風荘。

園城寺光浄院をモデルに設計されました。

 

中には、千住博の作品があり庭園の池の泥を襖に薄く塗ったものがありました。

f:id:gogo_abroad:20221120091336j:image
f:id:gogo_abroad:20221120091340j:image

また、庭から最高の眺めを特別に通していただきました。

 

実測をし、フロッタージュしました。

 

世界一周旅行 アメリカ編①

アメリカはニューヨークに行きました。

ハイラインという、高速道路を公園に整備した場所に行きました。

 

そこで感じたことです。

・ハイラインは、その土地に育つ植生を植えている。

・どの植物が原生のものか、どの植物が今のものかは混在していてわからない。

・ハイラインは、蝶々がいる。

・風があった、(ビル風・ビルの間を縫っているので、日陰になっていて気持ちがいい)

 

f:id:gogo_abroad:20221120084257j:image

 

f:id:gogo_abroad:20221120084608j:image

 

・設計をするものにとって旅や体験こそ、素晴らしいものであること。

 

・風や光、緑などの体験をどこまで

自分自身でも表現できるか。

 

・感動するものを作るには自分が感動体験をすること。

 

この3つを特に、改めて感じられました。

 

 

時計じかけのオレンジ A Clockwork Orange

・終始狂っているが

暴力、セックスについてのテストを治療しても治らないことがわかった。

・そして、一時的に治ってもまた元に戻る。

・誰もがその素質があることは、恐ろしい。

・オレンジの意味は、人(マレー語で)

・出てくる部屋やインテリアがチャーミング。

・時計も消えたし、蛇も消えた。

・復讐心が復讐心を繰り返す。

・つけまつげは何か?

・音楽はベートーベン。

・精神テストの人は、紫だった。

・母は、赤い髪。

・オレンジの意味は、主人公の何かが関係あるのかもしれない

髪の色や他の何か

 

・どの映画を見ても思うが、英語訳やタイトルが示していることと日本訳とでは違う

そういう意味で、原作で見る方が本当に理解が深まると感じた。

・科学の力でも直すことはできなかった。

 

「俺は治った。もう大丈夫だ…」

・人間の悪を表現している。学校内暴力や家庭内暴力、犯罪の低年齢化、

 

・元々ロンドン東部の労働者階級が使っていたスラングだそう。

「表面上はマトモに見えるが、その中身はかなりヘン」という意味で、

Queer as a Clockwork Orange」(時計じかけのオレンジのように奇妙な〜)という言い回しがあるそう。

 

・AlexのAがタイトルになっている。

・烈なアイロニー(皮肉)とニヒリズム全体主義に対する痛烈なアンチテーゼ

 

自分の中での落とし所は、

現代社会で言う全体主義国家に対する痛烈なメッセージとして

この作品はなりうるのではないかと感じた。

 

災害の考え方

f:id:gogo_abroad:20221120082134j:image

 

最近は、展示会について考えています。

 

自然との暮らしをテーマに考えた時

あることに気がつきました。

 

それは、

自然からみた時に人間の存在自体が災害ではないか?

 

自然災害の問題は、人間からみたら命に関わることなので災害と呼びます。

 

しかし、自然から見たら人間の存在こそが災害であると言えると思います。

 

水害も自然から見たら、

養分が混ざることでより肥沃な土地になることもあります。

 

立場を逆転した時、

このような考えになりました。

 

このように、

自然との向き合い方について

展示会を構成していきたいと思います。

 

また、展示会の前後にワークショップを企画中です。

 

フィンランドの現状

簡単なプロフィールと動画をまとめてみました。

動画は

プロフィールのInstagramリンクから飛べます。

 

内容はこんな感じです

・大学入学

・1年休学→設計施工活動

・1年フィンランドヘルシンキ

設計事務所インターンシップ

 

設計事務所では、何してる?

・事務所内の写真

 

普段の生活について

・森が近い写真

・サウナ

・湖 帰国した後の話

・展示会:横浜で行う。

 

また、日常風景の写真をバンバン載せてますので見てみてください☺️