フィンランドが好きな建築学生のブログ

「学校では教えてくれない」ことを発信する建築学生のための応援ブログ。トビタテ留学、大学紹介、サイト紹介など

【高専生必見】魅せるポートフォリオ 就活・進学

f:id:gogo_abroad:20210216094840j:plain

 

どうも、高専を卒業して、現在大学で建築を学んでいるりょう(@ryo_finlove)です。

 

今回は、大学編入や就職に向けてポートフォリオを作っている方に、ポートフォリオの作り方を紹介します。

 

 

後半には、1から考える時間がない人やサイトから探すのは大変・・・

という方に厳選したポートフォリオを紹介します!

 

 

自分は、大学試験・トビタテ留学ジャパンの面接で作る機会があり、突破してきました。

それもこのポートフォリオのノウハウおかげです。

 

トビタテ留学ジャパンについては、こちらを合わせて読んでみてください!

 

 

finlovestudent.com

 

 

それでは、自分の例で紹介していきます!

 

 

テーマ性を持たせる!

 

まずは、ポートフォリオには自分のテーマ性を持たせること。

 

このテーマ性を持たせる=フォリオに命を吹き込む!

 

ここが見る人からすると、最も気になるところです。

 

自分の例:自然と人の共生

f:id:gogo_abroad:20210216101632j:plain

設計課題を進める上で意識してきたことを1ページで説明しました。

 

ボリュームを決める

ボリュームの決め方はいくつかあります。入試や面接の場合は、ページ数や大きさの指定があるかもしれません。それがない場合は、一つのページに1テキスト+1写真にしましょう!

 

また、A3用紙何枚分になるのか?

 

図面の縮尺は?どのくらいの密度がいいのか?

 

など決めていきます。

 

なんの大きさにしていいのかわからない!

 

という人は、A3のスケッチブックが一押しです!

 

直接書き込むのもアリですし、印刷した用紙を貼り付けてもありです!

 

A3スケッチブックの魅力

まず、なんといってもA3サイズは一番見えやすい大きさです!!

 

A4だと小さすぎるし、A2は持ち歩くのも難しいです。

 

それに、スケッチブックを紙芝居形式で魅せると、発表もしやすいく手にとって読みやすいです。

 

さらに、ページ数が元から決まっているので、自ずとボリュームが決まるという良さも兼ね備えています。

 

まずは、試しにその大きさに慣れるためや発表のイメージを掴むために使ってみるのがおすすめです!

 

 

 

自分の例:A3横で20ページで作成しました!

f:id:gogo_abroad:20210216105432j:plain

作品の一部

 

レイアウトを考える

 

ボリュームを決めたら次はレイアウトです!

 

このレイアウトは、作品を際立たせるために欠かせないといえます。

 

レイアウトで作品の質を昇華させる!

レイアウトが作品の質を決めていると言っても過言ではありません。

 

・縦と横のラインが揃っているか?

・バランスは悪くないか?

・色は多く使い過ぎていないか?

 

など考えることが多くあり、フォリオ作成においてこのレイアウトに時間がかかります。

 

ただでさえ、フォリオの中身に時間をかけたいのにレイアウトにも時間をかけたくはないと思います。

 

そこで、ちょっとだけ自分のを紹介します!

 

自分の例:左側にテキスト右側に作品

f:id:gogo_abroad:20210216110026j:plain

このようにシンプルでいいです!まずは、みやすいことがレイアウトにおいて優先事項です。

 

 

ページを増やしていく

 

そうして、レイアウトを決めたらページを増やしていきます!

目次や表紙もつくります。

f:id:gogo_abroad:20210216111808j:plain

目次

 

 

f:id:gogo_abroad:20210216111814j:plain

表紙


こんな感じで、シンプルでいいと思います!しかし、他の人と差をつけたいですよね笑

そんな時にこの表紙のやり方は、簡単にオリジナルが作れます!

ずばり、この表紙は、石をフロッタージュしたものをスキャンして表紙にしています。

 

f:id:gogo_abroad:20210216114640j:plain

フロッタージュとは、凹凸があるものの上に紙をあてて鉛筆などで擦ることでその凸凹や形状を写とる技法です!

 

道具は、トレーシングペーパーやクロッキー張などの薄い紙がおすすめです!

 

 

 

擦るのは、黒鉛黒鉛筆がいいです!

 

 

印刷する

 

印刷は、自分のプリンターやコンビニでもいいですが、キンコーズがおすすめです!

 

理由としては、オンデマンドでの印刷が可能。

 

さらに、好きな紙を選んで印刷ができるからです!

 

いかにリンクを載せておきます!

 

https://www.kinkos.co.jp/

 

 

参考ポートフォリオ

 

次に参考フォリオの紹介です! 

 

サイトは、こちらからみることができます!

 

issuu.com

 

その中から厳選した作品を紹介します!

 

 

 

issuu.com

 

 

issuu.com

 

 

issuu.com

 

どうでしょうか?

 

モチベーションアップに繋がったら嬉しいです!

是非参考にしなくてもいいのでみるだけみてください!

 

 

終わりに

今回は、ポートフォリオの書き方を紹介していきました!

 

簡単にまとめると、

~ポートフォリオ定番フォーマット~

  1. 自己紹介
  2. 目次
  3. テーマ・コンセプト
  4. 作品
  5. あとがき

 

こんな感じです!

 

今まで紹介したのは基本的なことです!

 

ここから、アレンジしていきましょう!

バシバシ、自分のフォリオを友達や先生に添削してもらってください!

試験や面接に合格できるように頑張ってください!応援しています!

自分に問い合わせていただいても構いません!問い合わせ欄から受け付けています!

いつでもどうぞ!

 

過去には、ポートフォリオに載せる以前の話ですが、

 

設計課題に対する考え方も載せています!

 

よかったら読んでみてください!

 

finlovestudent.com

 

これらを参考にみた人の心を惹きつける作品集にしてください!

これからも役に立つ記事を書きながら、全力でサポートします!

 

では!

 

 

【建築学生必見】 オープンデスク体験記

f:id:gogo_abroad:20210215120010p:plain


こんにちは、りょうです。学生のみなさんは、いかがお過ごしですか?

 

この記事では、オープンデスクインターンシップの概要・体験談を紹介します!

 

 

 

そもそも、オープンデスクとは?

一定の期間で、設計事務所で就業体験ができる制度のことです。

 

体験談 

自分は、これまでに大手アトリエ事務所(SANAA)、組織設計事務所(三橋設計)、地元のアトリエ事務所に行きました。

 

まずは、三橋設計です。

・URL:https://www.mitsuhashi-arc.com

・期間:2019年3月の1週間程度

・内容:主に模型作成

 

つぎに、SANAAです。

建築学生なら誰もが知っている有名アトリエです。妹島和世さん・西沢立衛さんとも話すことができました。

・URL:http://www.sanaa.co.jp

・期間:2019年5月の2週間程度

・内容:模型作成、画像編集Photoshopなど

竣工の日立市庁舎の撮影に同行(新建築・GA)

犬島でのワークショップ参加

 

最後に、地元のアトリエ設計事務所です。

高専にいた時に非常勤講師でいた方の事務所でインターンシップをしていました。所長の慶野先生は、とても優しい方で今後の人生相談にものってくださりました。

・URL:http://www.at-keino.com

・期間:2019年3月

・内容:主に画像編集Photoshopモデリングsketchupレンダリングvray

 

それぞれのメリット・デメリット

 

○大手(SANAA)

・メリット

大手ですと、憧れの人と話せるチャンスがあります。実際に働くイメージももてます。

場所が都内など都心部が多いのでアクセス・滞在がしやすい。

たくさんの手を必要としているため採用されやすい。

・デメリット

末端のことにしか関わることができない。

 

○組織設計事務所(三橋設計)

・メリット

大きいプロジェクトに携われることが多い。

病院や学校など関わりたい方は、向いていると思います。

設計だけでなくとも設備・構造の専門家もいるため情報収集をしやすい。

・デメリット

そもそも、受け入れ先を見つけるのが難しい。

 

○中小アトリエ(アトリエ慶野設計事務所)

・メリット

所長やスタッフの方と密に話すことができる。

業界の情勢や就職した経緯なども聞けると思います。

・デメリット

場所が地方のため滞在が大変。

 

参加希望者へ

2020年現在大学を通しては、応募はしていないようです。

オープンデスク2020 日本建築家協会

www.jia.or.jp/boshuu/opendesk/opendesk.html

 

しかし、個人で事務所の知り合いの方に連絡して参加という形は取っているそうです。

 

どうしていいのかわからない、、、、という方へ

事務所に知り合いなんか、いない! という方が多いと思います。

そんな方は、このブログの筆者に連絡いただければ今まで行ったことのある事務所の方を紹介します!また、横浜国立大学の良さを生かして、アトリエ設計事務所の教授の方と繋げたいと思います。

 

 

では!

 

 

【春休み建築学生】 やるべきこと

f:id:gogo_abroad:20210214021405j:imageこんにちは、りょうです。

 

春休みにやるべきことを列挙します。

 

まず、事務所インターン

 

これは、大学の教授のところやオープンデスクで好きな建築家のところにいけます。

 

次に、もう資格を取れる人は建築士宅建などの勉強です。

 

次は、トレースやスケッチの練習

 

などなど、あると思います。

 

他にもあると思うので、ほかにも私はこの過ごし方してるなどありましたら教えてください!

 

では!

【建築学生必見】 春休みの過ごし方 自転車旅行の勧め

こんにちは、りょうです。

 
建築学生の春休みの過ごし方について紹介します。
春休みバイトはするけど他に考えてないなーって方必見です。
 
今後もいくつか紹介しますが、結論から言いますと、自転車(ロードバイク)旅行をおすすめします!
 
それでは、その理由と共に経験を紹介します!
 
自転車旅行の記録はこちらにのせています!

自転車は、交通費がゼロ!

これは、間違い無いです。今の時代、ロードバイクを持っている人も多いかとおもいます。街乗りや駅と駅の間だけの移動ではもったいなくないですか??

 

是非、普段いかないところへ自転車たちを連れて行ってあげてください!

移動する費用はゼロ円なので、お金がない学生の間こそいくべきで行けるタイミングです。

 

自転車の速度が旅にはちょうどいい

自転車の時速1520㎞という速度は、地域を見て、感じて、味わうのに遅すぎず速すぎない速さです。クルマで高速道路を走りぬけるだけではもったいない。そして徒歩よりはダイナミックに移動ができます。旅の自由度が広がり、同時に爽快感や達成感を味わうことができる自転車は、旅をする手段として、"ちょうどいい" 乗り物なのです。

 

気分転換になる

これは、オンライン授業の学生が気晴らしにつながります。

筆者も実際オンラインの毎日にうんざりしていましたが、自転車はめちゃくちゃ気晴らしになります。体を動かすのでストレス解消にも最適です。

 

旅のお供

旅のお供におすすめな商品として、スマホホルダーがあります!

リンク
「こんなの知っているよ」って方が多いかと思いますが、この存在感はとんでもありません。
いくつかホルダーがありますがこれは、コスパ最強です!!!
固定しても外れないし、脱着が何より簡単です!
 

自転車旅行をしよう!

最後まで読んでいただき、有り難う御座いました!

どうか楽しい春休みを過ごしてください!

 

では!

地元か都会か

f:id:gogo_abroad:20210209001034j:image

 

こんにちは、りょうです。

将来、働く場所をどうしようか考え中です。

地元か都会か永住するならどこか、海外なのか、、、、

 

何が基準か

 

その土地の雰囲気や人当たりか

 

色々あると思いますがいまのところ、フィンランドがいいと思ってます!

 

行ったときにここなら素敵に暮らせると感じました。

 

いつか、その日が来るように頑張ります!

では!

来たるべき時

f:id:gogo_abroad:20210208011323j:image

 

こんにちは、りょうです。

 

この記事を書いて

 

このブログを書き出してもう3年が経ちました。

 

開設当初考えていた、海外旅行の記事をいつか書きます!

 

 

来たるべき時

 

今日は、来たるべき時と言う時間についてのテーマです。

 

コロナでなかなか思うようにアクションを起こせなかったりしますが、来たるべき時のために準備をしています。

 

 

ポートフォリオを作るのも大切ですが、自分の哲学を磨くための時間がもっと大切だと思います。

 

・旅(近場でも気になるところに)

 

・今のうちに、一級建築士資格の勉強。

 

・人との出会いをつくれるように模索しています。

 

 

将来

30歳の誕生日に結婚、建築設計事務所独立を目指して今は楽しんで自分のペースで進んでいきたいと思います。

 

では!

安全地帯から

f:id:gogo_abroad:20210206020711j:image

 

こんにちは、りょうです。

 

毎日積み重ねだと思います。0.1と0だと大きな差が生まれると言いますがその0.1とはなんなんでしょう。

 

少し背伸びした、少しだけ頑張った。

少し自分の枠を超える勇気を振り絞った。

 

こういうことだと思います。

 

コンフォートゾーンを超えるとも言い換えられると思います。

 

コンフォートゾーンとは、自分が心地よく感じる場所のことです。

 

これを超えるのがなかなか勇気がいります。

 

しかし、1回超えてしまえばそれほど難しくはないはずです。

 

それに、毎日超える必要もありません。

 

ちょっとずつ広げていけばいいと思います。

 

自分のペースで。

 

では。

 

 

ブログをやる意味

f:id:gogo_abroad:20210204002025j:image

 

こんにちは、りょうです。

 

きょうは、ブログをやる意味について書いていきます。

 

まず、1つ目は自分の考えをアウトプットする。

2つ目は、備忘録として。

3つ目は、発信したいから。

 

自分の考えていることを現在本にしています。

 

内容は、ブログで書いてきたことや、自分の生き方などについてです。

それを近々出版予定ですので、このブログで紹介します!

 

いずれ、このブログや本が誰かに届いて心を動かしてもらえることを願って!

 

では!

 

 

「みずまて建築」 建築留学はもう始まっている

f:id:gogo_abroad:20210202235037j:image

こんにちは、りょうです。

 

コロナで留学は延期になってますが、

自分の中では、始まってます。

 

留学は手段であり目的ではないです。

 

今自分が目指すのは、自然と人が寄り添える橋渡し役になること。

そして、「みずまて」建築というものを目指します。

それは、みずまてという昔から地元に継承される治水の教えのことです。

 

それを、再読し、現代技術で再編することで、新たな概念が生まれるのではないかと考えています。

 

今後、詳しく書いていきたいと思います。

 

では。

 

生業

f:id:gogo_abroad:20210201233239j:image

こんにちは、りょうです。

 

生業について考えたいと思います。

デザインを職にするとは、どういうことか。

 

地域では、デザインで職を持つことは少ない。

都市では、設計事務所があるが地域には工務店があれば済んでしまう。

 

設計にお金を出すという概念自体がないのだ。

それを、考慮すると自分がどこで働きどんなことをするのか吟味していかなくてはいけない。

 

自分にできることは、

 

・住みたいところに実際に行く。

 

・マーケットを確認する。

 

・心地よく暮らす。

 

・常に心をオープンにする。

 

・話を聞きにいく。

 

といったことだと思う。

 

そして、自然と人の共生するというテーマに対して、豊かな暮らしをするために問い続けていく必要がある。

 

では。