フィンランドが好きな建築学生のブログ

「学校では教えてくれない」ことを発信する建築学生のための応援ブログ。トビタテ留学、大学紹介、サイト紹介など

名建築で昼食を

 

BSテレ東ドラマ「名建築で昼食を!・第4話」 - 散歩の閑人:メタ坊っちゃま、メジャーデビューに気をつけて名建築で昼食をというドラマを見ました。

 

東京に集まる名建築を回るドラマですが、

ノスタルジックな気持ちになりいい雰囲気のドラマでしたので簡単にインプットと

感想を書いていきます。

 

 

東京都立美術館

1933年

アールデコ

一階はフランス仕立てのアールデコ

二階はアールデコとの融合

 

玄関は大理石で色もそのまま

シンプルで合理的な形の装飾が多い

 

サンドイッチ・ケーキが美味しい。

 

と、ここでトマソン同好会の話も出てきました。

超芸術トマソンという言葉についてはこちらを見てみてください。

ja.wikipedia.org

 

どこにつながるかわからない、先がない階段とかがのっています。

 

 

ここで毎回出てくる名言

「お金ってそんな大事かな?生活できて、好きなことができればそれでいいかな?」

 

そうですよね...でも、自分のしたいことをするにはお金も必要だしなぁ〜

なんて...

 

純喫茶の雰囲気も素敵ですね

 

目黒区総合庁舎

設計者は、村野藤吾

 

小確幸という小さいことだけど確かな幸せという言葉が紹介されていてそれっていいなぁって思いました。

 

小さいことにも喜びを感じることって素敵だなと。

 

アプローチのベンチの背もたれがおしゃれ。

もともと、敷地外の保険会社の正門からアプローチを設計したそう。

牧場があったり、アメリカンスクールがあったそう。

 

ファサードのダイキャストは、アルミを鋳型に流し作った。

アルミのひさしとか

左右8本の不規則な柱で支えられている屋根など見応え十分。

 

この建築は、90度にならないようにこだわっている

柱のアールとかがその一つ。

自然光で中も柔らかい。

モザイクタイルの天井で四季を表しているそうです。

 

階段の魔術師と呼ばれ、浮遊した階段が圧巻です。

 

まるで、鉛筆で書いたような曲線美。

吹き抜けの空間演出

 

茶室があり、

これは昔の社内レクリエーションが流行った時の名残だそう。

 

ここで、個人的に侘び寂びについて気になったので調べました。

 

・「侘び」とはつつましく、質素なものにこそ趣があると感じる心のこと。

 

・「寂び」とは時間の経過によって表れる美しさを指し、

この世のものは時が経つにつれ汚れたり、欠けたりして変化しますが、

それを劣化と否定的にとらえず、変化が織りなす多様な美しさを「寂び」と呼び、

肯定すること。

 

日本建築の寺社の屋根の銅板が緑青により周りの木々と馴染んでいくような、

経年美化もその一つではないでしょうか。

 

国際文化会館(六本木)

 

1955年

設計者

前川國男吉村順三、坂倉準三

 

と、ここでワンシーンにあった

西荻窪にある花屋 El Sur (エルスール)という

花屋さんも素敵で行ってみたくなりました。

elsur-hananotabi.com

 

話を戻し、見どころです。

 

・庭から建築を見るのがいい

・前川石というそこに立って指揮をした石がある

・木枠と階段手すりの調和

 

また、名言です。

幸せには鈍感になりがち、みんな不幸に敏感になりすぎだよ。

 

小さい幸せを感じるのを忘れてはいけないですね。

 

finlovestudent.com

幸せについて簡単にまとめてみました。

 

山の上ホテル

W・ヴォーりず

 

・特徴

アールデコ

左右対称

青がきいいるタイル

照明もアールデコ

床と照明の装飾が同じ模様

文字ってずっと残る

階段エリアがエロチック

403号室文豪が利用した部屋

グラタンとビーフシチューが美味しい

英語名は、Hilltop hotel

地下のワインバー

宿泊なしで利用できる

 

名言は、人は自分には厳しくしていいけど、他人には寛容でいないといけない。

これは、刺さりましたね...

自分に厳しくても他人の価値観を自分の物差しでは測っていけないことですね。

 

 

旧白洲邸 武相荘

白洲次郎

設計者不明

 

白洲次郎吉田茂

農家もしてた

むれない人ってかっこいいよね

 

場所は、八王子と横浜の間の町田

 

エビカレーと君こそ発想の源であり

究極の理想である

 

家も成長する

 

国際子ども図書館

1906年

ルネサンス様式

日建設計安藤忠雄の設計

 

・見どころをざっと

昔の壁を触れることができる

明治39年辻の木製建具が見れる

凸凹のガラス

漆喰化粧柱

100年以上前の素焼きのレンガ

リレキュールという

=小さな神殿

の意味

サグラダファミリアは完成が見えてるがここは見えてない。

 

本来はロのじがたの平面計画だったが、お金がなく断念。

 

名言:自分が嫌いな自分を時間をかけて好きになればいい

名言2:自分のために願うことって、叶わないことも多いけど、

人のために願ってることって、案外叶う。

 

それって確かにそんな時もあるなぁって感じました。

結局周りの幸せとかを考えると、

徳がつくんですかね?不思議です。

 

江戸東京たてもの園

ここは、保存がその場でできなかったものが

移築されてきたものを展示している屋外展示博物館です。

 

看板建築

火事で燃えないように銅板とかで覆っている

築地あたりでのっこってる

 

子宝湯は、自社仏閣を思わせる外観。

例えば、七福神、鷹と雀の彫刻が見えます。

 

これには理由があって、

関東大震災がきっかけで豪華に作って元気付けさせるために豪華に作っているそう。

 

前川國男は土着的な感じもする

 

シーンの一部の

・横浜地方気象台

・ひたいざか

・大学院のコーヒー

 

も気になります。

 

 

神奈川県立図書館・音楽堂

1954年

前川國男鬼頭梓

戦後のモダニズム建築の代表作

 

鬼頭梓は、図書館デザインのパイオニアとして知られるが

これをきっかけに解放的な開架図書館を設計するように。

 

配色が鮮やかでコルビジェの配色を真似している。

 

コンクリートを磨き上げるテラゾーという技法が床に使用される。

 

型枠の後のついた柱。

 

手すり手にフィットするように作られている。面白い断面している

 

フォローブリックと言われるブロックは、

横浜の太陽高度を計算し、太陽の光を反射して柔らかい光にしている。

 

夏は強い日差しを遮る

 

天井も木でバイオリンの中にいる

 

壊す動きもあったけど

反対運動が起こったそう。

 

階段も角度が振られていて

ここまで設計でもこだわれたらいいなぁって感じました。

 

横浜市開港記念館

1917年に開館

キング クイーン ジャック

昭和2年に梁を修復

 

・鉄の柱10本

・大理石のベンチも

は開館当時のもの

 

スペシャルルームという喫茶店

ミートソーススパゲッティは美味しそうでした。

 

ホテルニューグランド

入ってすぐ大階段

開業93周年

渡辺仁

 

1912年

関東大震災

 

瓦礫を埋め立てた跡が山下公園

 

弁財天の彫刻

西洋のマホガニーにインドの融合させたデザイン

社交場年会場

 

フェニックスルーム

 

ナポリタン・ドリアがここから日本に広まったそう。

 

名言:世の中の出来事に言いも悪いもない

だって自分が意味をつけるんだもの。

 

以上です!

こんな感じで乙女建築をめぐっていくとまだまだ知らない建築がたくさんあることに気がつきました。

 

レトロ建築ももっとみにいきたいと思います!

幸せについて

こちらにきて

幸せとは何かたくさん考えるようになりました。

 

些細なことにでも幸せを感じること。

小確幸という言葉があるように、

小さいことにでも幸せを感じることって非常にかけがえないものなので

はないかと感じました。

 

太陽の光、水のおいしさ、花の色の美しさ。

 

こういったもの全てが幸せの一部であると言えます。

 

日本にいたときにこれをどれだけこのことを、感じていたかわかりません。

 

フィンランド人は、確かに厳しい環境ですが

幸せの閾値が低い=つまり小さいことでも幸せを感じることができると思います。

 

その感情って日本ではなかなか感じにくいことでした。

 

日本の方が太陽にも恵まれてるのに、不思議です。

 

やはり、満ち足りているとなんでもありがたさを忘れてしまうのではないでしょうか?

 

そんなことを思う日々です。

 

 

今までにない建築を作り出すには

 

最近映画や本を見ていて感じるのは、

 

建築は、科学技術を駆使して

重力に依存していることで成り立っているということ。

 

しかし、今までにない建築を作り出すには

重力に逆らう→例えば1kmのキャンチレバーみたいに。

 

こういったことが想像でき、形にしていくことで時代が後々追いついて

実現していくことになると感じた。

 

だから、

アンビルド展やエミリアアンバース、

ザハと言ったアンビルド建築も

可能になってきている。

 

そして、アンバルトの建築を

再び参照してみようと思う。

 

そこにヒントがある気がする。

 

エミリオアンバースの作品集

ザハハディドの作品集

 

そんな建築をいつまでも探求したいものです。

建築が誰のためにあるのかということ

こちらに来て感じるのは、

 

建築が誰のためにあるのか常に考えている

ということ。

 

こちらの考え方としては、

住まい手に求められるのは

フレキシビリティーやアダプタビリティ、

バリアビリティが大切だと主張する。

 

日本と比べて違うのは、

自分の作品というよりか

住まいてのことを新しいストラクチャーから

考えられていると感じる。

 

住まい手に優しくて、

環境にも優しい。

 

こんな建築を考えられて

いい経験ができていると感じる。

LEVI・STRAUSS:SAVAGE MILD

【感想】

そもそも文化人類学の分野の本として

 

文化人類学という学問の存在に気がつきました。

 

野生の思考=構造主義を理解するために必要な考え方。

・近代ヨーロッパ文明の批判をしている。

・「ブリコラージュ」

・「具体の科学」

 

トーテミズム

一方は自然の中に、他方は人間のなかに位置する二つの

考えの間の相同性

人間が動植物から共同体や集団を作る考えを学ぶ

 

ブリコラージュ

=持ち合わせた材料を用いてものを作る器用な仕事

 

未開人の思考の特徴として、

目の前にあり合わせの記号(自然界にある動植物など)を用いることだと言います。

 

具体の科学

科学思考のように抽象概念ではなく、感覚からきり離されない動植物を使った

考え。

 

他にも、科学的思考と野生的思考は二つ体系が分かれている。

 

サルトルの考えを批判している。



西欧的な意味での「主体」や「歴史」は

近代ヨーロッパの偏見があること。



未開人がいる=まだ

構造主義=人間社会の構造には、見えない構造が存在していて、

それが目に見える人間の社会的・文化的思考を作ってい。

 

例えば、神話とか

 

今まで勉強していた勉強は建築学ですが、

もっと多くの学問を知る必要があると思いました。

 

芸術学もだし、歴史も経営も生物も心理学も、文学も哲学も物理学も

建築って改めて、あらゆる学問と結びつくなぁと感じました。




・野生の思考の構造は、

内と外が一体になって作用すること。=内と外には延長がないということ。

 

建築でいうと、本来は外も中も一体であったはず。

例として、ボロブドゥール遺跡のストゥーパに外が中のようになった構造があ。

これは、内側の仏像が花が咲くように中から外に飛び出している。



明治神宮は、明治天皇と昭憲皇太子を祀るために作られた。

林学や造園の専門家が参考にしたのが古墳だったらしい。

土地のほとんどが木々に覆われていること、そのなかの小道を歩いていくこと

 

もともと古墳は、スレートで覆われていたけど、盗掘とかで奪われたりして

今の姿になったそう。

建設には日本全国のきが集められたそう。

 

森林は古来より信仰の対象となっていたが、社殿がなかったりは池の山が重要な意味を持つことが多い。

 

明治神宮の内苑と外苑には「隠」と「顕」な関係がある。

これらがセットとなることで、初めて神社として機能する。

 

外苑の絵画館や競技場、神宮球場など人間のエネルギーを感じる場所。

内苑は、森林に隠された力が外苑に現れでる。

 

この過程が、神だという。

この構造を「アラハレ」「ミアレ」という。

「ミアレ」の構造は、伊勢神宮は高床の下には、心御柱があり、

地面から突き出している柱がある。

この柱と巫女による儀式があり、生まれた力が千木と鰹木を通して開かれる。

 

隠された力を顕現させるアンテナのような役割があるそう。





また、この話から、古墳スタジアムが生まれたのも残ったのもそういう背景があるのかもしれない。

たねさんは、Archaeological Reseach(考古学的リサーチ)という設計手法をとっている。

 

場所から連想される膨大なイメージを壁面に貼り、分類/調査を繰り返すことで思考を整理していくこの方法=アーキオロジー




「場所の記憶」についての探求と、それを建築というかたちあるものへと展開させる手法

 

「場所」とは固有であり、そこには古代から現代にいたるまでの記憶 ─ 個人的なのものであれ社会的なものであれ ─ が存在すること、それらを丹念に発掘/分類/調査/再構築することで、記憶を未来につなげる役割を果たそうとするのが田根さんの建築であるそう。



この過程から、古墳が生まれた気がする。



一方で、フィンランドの建築家マルコは、

アーキパンクチャーという手法もとっていて、

都市の鍼治療を提唱している。

 

その考えはどうやって、実際のプロジェクトに落とし込んでいるのか?

リサーチ方法などももっと知りたい。

 

【アウトプット】

 

・自分も考古学的

ANTやバレーセクションなどリサーチ手法として、用いている。

水などその土地の全部を網羅している。




・建築では、野生の思考が住まい手には使われている気がする。

例えば、家具の配置とか、普段いる場所などがどこなのかここ胃の良い居場所を考える時に役立つ考え方な気がする。

 

・隅っこが落ち着くから端っこにいること。広々と全体を見渡せるから落ち着いたり、居心地がいいと思う感情など。(アールとハウスの食堂などもそうかもしれない)

 

・空間や人間がどう暮らし方や過ごし方をするのかは、科学的な思考ではなく

野生の思考など元々の暮らし方を知る必要があることに繋がる。

 

・建築にも内と外の考え方ってあるけど、そもそもがその考え方ではないのかもしれない。





参考記事

 

https://monoskop.org/images/9/91/Levi-Strauss_Claude_The_Savage_Mind.pdf

 

http://itojuku.or.jp/blog/3311

https://liberal-arts-guide.com/the-savage-mind/#i

フィンランドの優しさ

f:id:gogo_abroad:20220406041836j:image

 

フィンランドは、

優しさの定義が違うことを段々感じてます。

 

相手をリスペクトしてるからこそ干渉しない。

他力本願精神が大事だと言うこと。

察してくれない文化だそう。

 

だけど、

フィンランド人男性でも悩むそうなので

相手を頼ることが大事だといことを知りました。

 

ただ、頼ったら全力で手伝ってくれることもこの国らしさです。

 

道に迷ったら、一緒にその場所までついてきてくれることや肩を叩いて気を遣ってくれることはとっても嬉しいことです。

不確かなことだけど

f:id:gogo_abroad:20220405041215j:image

 

フィンランドにきて、

本当に不確かなことが多い。

 

・海外送金

・言語

奨学金

・在留許可証

・海外生活

・海外の会話のノリ

 

上げ出したらキリがない。

全てが手探りで動いている。

 

自分の個人情報がどれだけ大事なのか気がつかされた。

 

しかし、

デザインでは、わかりやすく言語をまとめること。

それがデザインでも洗礼されていく秘訣だとも感じた。

 

そして、自分が何ができるのか

わかるようになってきた。

 

設計プロセスがみんな違う。

 

ここで、うまく纏まるようなプロセスが

少しずつ見えてきた。

 

再現性を持たせられたらいいと思っている。

 

自分のプロセスは、

敷地に訪れ、

敷地図に記述していき、

あらゆる事象の連環をまとめたANTを作り

 

敷地模型を作り、

敷地図、平面図、断面図へと落とし込んでいる。

 

自分でも

ここまではいつもの流れでできている。

 

問題はそこから

コンセプト作り

 

コンセプトは光の当て方。

一言では説明できない。

 

そのことを念頭に考えていく。

そんなことを模型や図面を描きながら毎日自問自答している。

 

でも、

少しずつ自分の武器やキャラクターを

出してきている気がしている。

 

そんなことを

事務所で雨が止むのを待ちならが考えている。

フィンランドで働くことその①

今回は、フィンランドの建築設計事務所で働く建築家にインタビューしました。

フィンランドで働くことがどう言うことなのか

現地で働いている日本人の方に聞いてみました。

 

フェーズごとに給料が変わる
案出しで20
日本では無限

コピペ感が
多い

昔の事例

意匠

めちゃくちゃ変わることは

コンペは開けてる

住宅が多い

オリジナリティが

studenthouse

前の事務所は、

住宅の案件が
新築が多い
=集合住宅

個人住宅はあまりいない

公共は、コンペがおおめ

建築については学べることは違う

大きいところでは、実務

在学中から

建築家の数

年間登録数100

女性の
建築家協会登録が女性
SAFA登録者数が多い

3人くらいいる
https://oopeaa.com/office/

Satoshi Ohtaki
https://www.h-l.fi/

https://arkkitehtipalvelu.fi/

CADオペみたいな

アーキテクト

プロジェクト初期から
3Dモデル

住宅は模型は造らず、
病院の時は模型作っていた基本3Dプリンター

実物を作っていた

エンジニアからdwg

ソフトは言語が英語だが部材名などはフィンランド

・RAKENNUSSANAKIRJA
英語からフィンランド語、フィンランド語から英語

https://www.rakennustietokauppa.fi/sivu/tuote/kuvitettu-rakennussanakirja-suomi-englanti-suomi/111133

タスク形式、個々のスタディして
シートにして自分の意図を伝える
スタディなら2つのパターン

スケッチとか便利
オプション作る時も
言語以外でどう
イギリス人の意思
スケッチでの意思疎通
進んでしてみる

・スケッチ見せてどういう反応をみきわる能力もあったらいい

・インド人で働いてた学生兼所員さんスダっていうインド人
フィンランド内で働いてる

 

 

関連事務所を載せておきます。

oopeaa.com

www.h-l.fi

arkkitehtipalvelu.fi

 

 

 

北欧に学ぶもの:人生を豊かに生きるための知恵と技術

人生を豊かに生きるための知恵と技術

 

最近

ノウハウやテクニックより

「考え方」や「あり方」が大切なんだなぁと感じています。

 

・そこがないと全てにおいて受け売りになってしまう。

・楽してノウハウだけを身につけてもうまくいかない。

 

ノウハウやテクニックって点でできてるから

メソッド化されてないから問題が起きた時に対処しきれないことが多い。

 

「本質的」な考え方・あり方は、物事を根本から変えます。

そんなことを思ってます。

 

2021年振り返りと2022年抱負

2021年は【実作と経営】というテーマでした。

休学して、自身の設計した実作を残し、

事務所運営のために経営を学ぶことでした。

【達成したこと】

一級建築士学科合格

・栖の工房立ち上げ、HP制作

・実作3件

(欠け合わせデスク・成長する庭・新上御田町公民館)

忠海pj参加

 

【継続中】

・事業運営

・納屋pj

・南本宿pj

フィンランドインターンシップ

 

 

2022年は、フィンランドの拠点を持つための

下準備をしてきます。

【展開と経営】をテーマにします。

フィンランドで独立パートナーを見つける

・実作作ってみる

・世界一周旅→お金貯めていく

・他人をこれでもかと言うくらい頼る

・遠慮しない

頼ってもらうのに案外めんどくさいって思う人っていない→マインドセット

・収益上げ→継続する

 

同じように再現性を持たせるとしたら、

同じ志を持った人がいる環境でやること。

それが大切だと学びました。