フィンランドが好きな建築学生のブログ

「学校では教えてくれない」ことを発信する建築学生のための応援ブログ。トビタテ留学、大学紹介、サイト紹介など

設計の本質

f:id:gogo_abroad:20210701233513j:image

今日は、今自分がモヤモヤとしていたことが

少しスッキリしました。

それは、

クライアントさんは、

本当に欲しいものを言っていない。

自分達が欲しいものを引き出す。

ということです。

例えば、子供部屋が欲しいと

クライアントさんが

言ったとします。

しかし、なぜ欲しいのか?

それを吐き出します。

この場合、

子供と仕切りが欲しいからという意見でした。

そうしたら、部屋ではなくても目隠しや視線を遮る何かカーテンでもいいか?

など、違う形に発展できます。

 

これは、

クライアントさんと話し合い、いいものを作っていく上で、必要なことです。

 

本当の心を手がかりにしていく。

子供の子育てに最適なものか?

自分の好みを爆発させたいだけか?

 

良く設計でいう裏コンセプトや

隠れた意図のようなものだと思います。

それを見つけていくことが本質だと思います。

 

自分が今後やっていくことを書いてみます。


1.なぜいいって感じるのかを見出していく

・リサーチシート

・インスタで見るようなデザインを真似する

本当にやりたいことではないので、その要素を書き出す。

・北欧系やカントリー系がいい。

→木の温もりを感じる

→白を基調としてシンプル

・庭と成長を一緒にしていく。

→教育面での庭なのか?

・心が響くかどうか。

・テイストのマトリクス

 

建築士の試験が間近です。

設計も進めながら、資格を取っていきます。