フィンランドが好きな建築学生のブログ

「学校では教えてくれない」ことを発信する建築学生のための応援ブログ。トビタテ留学、大学紹介、サイト紹介など

フィンランドで働くことその①

今回は、フィンランドの建築設計事務所で働く建築家にインタビューしました。

フィンランドで働くことがどう言うことなのか

現地で働いている日本人の方に聞いてみました。

 

フェーズごとに給料が変わる
案出しで20
日本では無限

コピペ感が
多い

昔の事例

意匠

めちゃくちゃ変わることは

コンペは開けてる

住宅が多い

オリジナリティが

studenthouse

前の事務所は、

住宅の案件が
新築が多い
=集合住宅

個人住宅はあまりいない

公共は、コンペがおおめ

建築については学べることは違う

大きいところでは、実務

在学中から

建築家の数

年間登録数100

女性の
建築家協会登録が女性
SAFA登録者数が多い

3人くらいいる
https://oopeaa.com/office/

Satoshi Ohtaki
https://www.h-l.fi/

https://arkkitehtipalvelu.fi/

CADオペみたいな

アーキテクト

プロジェクト初期から
3Dモデル

住宅は模型は造らず、
病院の時は模型作っていた基本3Dプリンター

実物を作っていた

エンジニアからdwg

ソフトは言語が英語だが部材名などはフィンランド

・RAKENNUSSANAKIRJA
英語からフィンランド語、フィンランド語から英語

https://www.rakennustietokauppa.fi/sivu/tuote/kuvitettu-rakennussanakirja-suomi-englanti-suomi/111133

タスク形式、個々のスタディして
シートにして自分の意図を伝える
スタディなら2つのパターン

スケッチとか便利
オプション作る時も
言語以外でどう
イギリス人の意思
スケッチでの意思疎通
進んでしてみる

・スケッチ見せてどういう反応をみきわる能力もあったらいい

・インド人で働いてた学生兼所員さんスダっていうインド人
フィンランド内で働いてる

 

 

関連事務所を載せておきます。

oopeaa.com

www.h-l.fi

arkkitehtipalvelu.fi